赤江珠緒アナが新型コロナウイルス陽性「復帰したら体験をお話できたらと思っております」

 フリーアナウンサーの赤江珠緒(45)がPCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が出ていたことが18日、明らかになった。同日、赤江がパーソナリティを務めるTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・0)の公式サイトで発表された。

 TBSラジオは、赤江が最後に来社したのは今月9日としており、「番組の共演者および制作スタッフに濃厚接触該当者はいないと認識している」としている。赤江は陽性反応だったことを受け、談話を同局に寄せ、発症したのが15日であることや、娘が陰性であると明かすとともに「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております」とつづっている。

 赤江の夫はテレビ朝日系「報道ステーション」のチーフディレクターを務めており、同番組のメインキャスターである富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことを受け、赤江は13日からリモートで「たまむすび」に出演。その後、夫の感染が明らかになり、16日からは出演を見合わせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ