テレ朝「報ステ」、新たにスタッフ2人感染 富川アナコメントで謝罪「出演続けたことを反省」

 テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の男性スタッフ2人が新型コロナウイルスに感染したことが15日、番組内で発表された。いずれも入院中のメインキャスター、富川悠太アナウンサー(43)の濃厚接触者で、感染の疑いがあったフリーアナ、赤江珠緒(45)の夫であるチーフディレクターとチーフプロデューサー。富川アナは番組を通じて「発熱を軽視してしまい、出演を続けたことを深く反省しています」と陳謝した。

 コロナ禍に揺れるテレ朝にさらなる緊急事態が発生した。

 「スタッフ2人が新型コロナに感染したことが今日、確認されました」

 東京で新たに127人の感染者が出たことなどコロナの最新情報を届けていた番組途中、自宅待機中のメインキャスター、徳永有美(44)の代役を務める森葉子アナ(33)が、そのうちの2人が「報ステ」の幹部スタッフだったと伝えた。

 2人はいずれも40代男性社員で、チーフプロデューサーと演出担当のチーフディレクター。赤江アナの夫である同ディレクターは、11日に高熱が出たほか激しい頭痛と背中の痛みを訴え、12日に病院で「典型的なコロナ感染」と診断された。翌13日には赤江アナがTBSラジオ「たまむすび」に自宅から電話出演し、夫に疑いがあることを報告していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ