「報ステ」、富川アナ感染を謝罪 徳永有美アナも出演見合わせ

 テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)は13日、月~木曜メインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことを謝罪した。

 冒頭で小木逸平アナ(45)が「番組では繰り返し、感染予防の重要性について訴えてきた中で、このような重大な事態になったことを重く受け止めております」と語った。

 富川アナは3、4日の朝に38度の発熱があったが、両日ともすぐ平熱に戻ったため、6~9日は通常通り生出演。だが7日の放送中にたんが絡む症状があり、8日には息切れ、9日も息苦しさを覚えた。10日朝も同じ症状が続き、東京都内の病院に入院した。

 ともに月~木曜のメインキャスターを務める徳永有美アナ(44)は濃厚接触者にあたる可能性があるため、出演を見合わせた。「報ステ」では打ち合わせの人数を減らしたり、富川、徳永両アナの間隔を2メートル空けるなど防止策を徹底していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ