大下容子アナ、志村さんは「3つの時代で笑わせ続けてくれた」テレ朝が追悼番組放送

 テレビ朝日は5日、新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に死去したタレント、志村けんさん(享年70)の追悼番組「ありがとう志村けんさん 全国に笑顔を運んだ旅」(後1・55)を放送した。

 オープニングで同局の大下容子アナウンサー(49)が志村さんの笑顔の写真を背に「去る3月29日、ザ・ドリフターズの志村けんさんが亡くなりました。心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表し、「昭和、平成、令和、3つの時代で私たちを笑わせ続けてくれた志村さん。テレビ朝日の番組にも数多くご出演していただき、たくさんの人たちにいっぱい笑いを届けてくださいました。この時間は、そんな志村さんが長きにわたって、全国を旅しながら、ファンの皆様との触れ合いを大切にした番組をお送りします」と述べ、番組がスタートした。

 「ありがとう志村けんさん」では、“日本の素晴らしさをもう一度見直そう”をコンセプトに志村さんが全国を旅した「志村けんの激ウマ列島」(1999~2015年)、「志村けん聞録」(16~19年)の思い出のシーンを振り返る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ