宮藤官九郎、新型コロナウイルスに感染 「まさか自分が」のコメントにネット「全てを物語ってる」「もう他人事ではない」

 脚本・演出家で俳優の宮藤官九郎(49)が新型コロナウイルスに感染したことが3月31日、わかった。同日、所属事務所の大人計画が公式ホームページで発表した。このニュースにネットでも衝撃が走り、「宮藤官九郎」や「クドカン」がツイッターのトレンドに入る事態となった。

 同事務所は「先日より、腎盂炎の治療をしておりました宮藤官九郎が、3月31日夜、同時に新型コロナウイルスに感染していることが判明致しました」と発表。腎盂炎の発熱と腰の痛みは快方に向かい、新型コロナウイルス感染による症状は、発熱があるのみと宮藤の病状を伝えた。

 宮藤もコメントを発表し「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです」と心境を吐露。「腎盂炎の腰の鈍痛も消え、さあこれから…という時に」と悔やみ、ファンや関係者に「悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ございません」と謝罪した。体調については「幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません」と伝え、治療に専念することを誓った。

 宮藤の感染に、ネットは騒然となり、SNS上に「宮藤官九郎さん、新型コロナ感染。一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます」「クドカン!元気になって戻って来て下さい!!」などと、回復を祈る書き込みが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ