ブルゾンちえみの苦悩…「円満退社」と「脱芸人」 新型コロナでイタリア留学は延期に

 所属するワタナベエンターテインメントを退社して、イタリア留学することを発表したタレント、ブルゾンちえみ(29)。25日はレギュラーを務めていた日本テレビ系『ヒルナンデス!』を卒業したが、円満退社の裏に芸人としての苦悩があったという。

 18日に自身のインスタグラムで事務所の退社とイタリア留学を発表したブルゾン。今後は本名の「藤原史織」で活動するとしているが、イタリア留学については、新型コロナウイルス禍のため、当面延期することになった。

 25日の放送は最後の生出演とあって、番組のラストで「出演者やスタッフの皆さんに助けていただき、めちゃくちゃ大好きな番組でした」と涙ながらにあいさつをした。

 「もともとは芸人というより、タレント志望でした。芸人として以外の活動にも幅を広げたいと考えていたブルゾンにとって、事務所との間に意見の相違があったようです。実際、バラエティーでの最近の彼女は精彩を欠いていた」と演芸関係者。さらに続ける。

 「レギュラーだった『ヒルナンデス!』でも芸人として積極的に笑いを取りにいくようながっつきさもなく、ネットでは毎週のように『今週も何もしなかった』『ちょっとは仕事をしろ』といった批判にさらされていました」と演芸関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ