「スカーレット」伊藤健太郎演じる武志にネット「高橋良明くんに似てるなぁ」 最終回を前に「優しい展開でありますように」の声

 28日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「スカーレット」。女優の戸田恵梨香をヒロインに、滋賀・信楽を舞台に波乱の生涯を送る女性陶芸家、川原喜美子の人生を描く同作だが、最後のポイントとして、多くの視聴者が関心を寄せるは、白血病に侵された喜美子の息子、武志(伊藤健太郎)が助かるのかどうかだろう。3月に入り、物語には武志の主治医、大崎茂義(稲垣吾郎)が登場するなど、ストーリーは武志を中心に展開。連日、伊藤の演技がネットでも大きな話題となった。そんななか、SNSで目立つようになったのが、「高橋良明に似ている」「高橋良明を思い出す」という声だ。

 多くのネットユーザーが指摘する高橋良明さんとは、1980年代後半に活躍した俳優。代表作に「うちの子にかぎって2」(85年、TBS系)や「オヨビでない奴!」(87年、TBS系)などがあり、「オヨビでない奴!」では、あの故植木等や所ジョージを脇役に、堂々と主演を果たした。また歌手としても活動し、多くの歌番組にも出演。この時代を代表する“イケメン俳優”として当時の女性から絶大な人気を集めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ