“小物感”際立つ喜多村緑郎、不倫騒動で「完全白旗」

芸能ニュース舞台裏

 不倫の後も人それぞれだなと考えさせられた今週。

 女優の鈴木杏樹(50)との不倫が『週刊文春』に報じられた劇団新派の俳優の喜多村緑郎(51)は完全に白旗を挙げた。

 「不倫を報じた『週刊文春』のインタビューに答え、鈴木とは別れることを明言し、妻のジャッジに従うと宣言したことで喜多村の完敗に終わりました。不倫がバレようが付き合い続けたビートたけしのような大物感はゼロ。喜多村の小物感が際立った“懺悔告白”でしたね」とスポーツ紙記者も手厳しい。

 女性誌の女性記者は、喜多村のある発言を鼻で笑いながら、バッサリ切り捨てる。

 「(妻の)貴城けいや彼女の両親に『傷つけてしまったことを一生かけて返していきたい』と言っているんです。女って忘れませんよ、生涯。旦那の浮気とか不倫とか、そういう裏切りを。そもそも鈴木のことをちゃんと考えていたら、もっと人目につかないようにするでしょ! 単に舞い上がったおじさんというだけ。みっともない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ