佐藤健・渡辺直美も!タレントのユーチューブ進出が止まらない 再ブレーク&伸び悩む芸人も…

 モデルのローラも今年1月にユーチューブを開始。同チャンネルでは、スキンケア法やメークテクを動画で紹介している。16日にはインスタグラムに載せる写真の撮り方のコツを説明する動画をアップロードした。ローラの生活の一部が垣間見える内容の動画が多く、ファンにはたまらない内容と言えそうだ。

 モデルでタレントの藤田ニコルは昨年2月にユーチューブに進出。メークやスキンケア、専属モデルを務める「ViVi」(講談社)の表紙撮影の裏側などを公開している。多忙を極めるなか、動画制作にも励んでいるようだ。

 また、「ヒロシです」の自虐ネタで00年代にブレークしたお笑いタレントのヒロシは、本格的なキャンプ動画で再ブレークを果たした。ユーチューブは芸人たちの新たな活動の場にもなっているようで、お笑いコンビ、キングコングの梶原雄太は、18年10月に「カジサック」としてユーチューバーに。19年12月末までにチャンネル登録者が100万人に達さなければ芸能界を引退するという覚悟をもって臨み、見事に同年7月に100万人を突破した。

 一方で、チャンネル登録者数が伸び悩んでいることを吐露するタレントも少なくない。アンジャッシュの渡部建は8日放送のバラエティー番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で登録者数が伸びていないことをいじられ、自身のユーチューブチャンネルでもこれに言及。動画では「みなさん、助けてください」と頭を下げ、「ユーチューブをなめてたわけじゃない」としながら「もう少し登録者(19日の時点で2.19万人)いくのかなと思ってたんですよ」と打ち明けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ