「呼ぼうな披露宴。来てもらおうな」熊谷敏春の絶叫にネット涙 「スカーレット」“トシャール”がトレンド入り!

 このシーンが多くの視聴者に刺さり、ネットには敏春の振る舞いに対する感想が殺到。「トシャール」がトレンド入りを果たすとともに、ツイッターには、「今日は泥酔してたな。だから本音なんだよね」「娘を嫁に出すのが寂しいのかな?と思ったら、武志にあんなに想いを寄せてくれてることにこっちまでもらい泣き。ほんま、めちゃくちゃいい人や」「娘の結婚で舞い上がりがちな時にも武志のこと思ってくれるトシャールさんが大好き」「トシャールさん、ええ人やなあ。武志のこと考えてくれる」「自分ちの娘の結婚より武志の心配してるトシャールさん。優しい人やなぁ」などの書き込みと、涙を流す絵文字が相次いだ。また、敏春の言葉を受け、「武志の周りには、頼もしくて優しい人達がたくさんいるから武志、大丈夫やで」と武志にエールを送るファンもいた。

 20日放送の第143回では、喜美子は「患者の会」で知り合った親子に皿をプレゼントしようと病院を訪問する。しかし、そこで闘病中の子供の容体が急変。医師の大崎茂義(稲垣吾郎)が懸命に治療にあたるが、彼は亡くなってしまう。ショックを受けた喜美子は元夫の八郎(松下洸平)に相談。以前、彼と同室だった武志に伝えるべきかどうかで悩んでいると、そこに喜美子の大阪時代の知り合い、荒木さだ(羽野晶紀)と酒田圭介(溝端淳平)が訪ねてくる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ