「呼ぼうな披露宴。来てもらおうな」熊谷敏春の絶叫にネット涙 「スカーレット」“トシャール”がトレンド入り!

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第142話が19日、放送され、主演・戸田恵梨香演じる川原喜美子の幼なじみ、熊谷照子(大島優子)の夫、敏春(本田大輔)がネットで大きな話題となった。ツイッターでは、敏春の愛称“トシャール”がトレンド入りを果たし、その演技に多くのファンが涙を流したようだ。

 滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家として波乱の生涯を送る喜美子の人生を描く同作。物語は28日の最終回に向けて大詰めを迎えており、第24週(16~21日)では、白血病に侵された喜美子の息子、武志(伊藤健太郎)のために、家族や周りの友人らが、武志のドナー探しに奔走する様子などが描かれている。

 この日の放送では、照子と敏春の次女、芽ぐみ(村崎真彩)が、武志の友人である宝田学(大江晋平)と結婚することが決まり、4人が居酒屋「あかまつ」で祝福するというシーンがあった。そこで敏春は泥酔。照子が酒をやめるよう説得すると、敏春が突然「武志くん…川原さんちの武志くん、病気や…」と言い出した。

 一気に気まずいムードとなるなか、敏春が「呼ぼうな披露宴。来てもらおうな」と言葉を続けると、横にいた学は笑顔で「もちろんです!」と一言。さらに敏春はスッと立ち上がり、身振り手振りを交えながら「にぎやかにやろうやないか!大盤振る舞いしたろやないか!病気平癒!身体健勝!健康長寿や!」と絶叫した。そんな夫の様子を照子はほほえましく見守った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ