デビュー前、極端に少なかった露出 前代未聞の仕掛けも失敗…初登場は50位にも入らない“大惨敗”

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】

 今でこそ「花の82年組」の1人として圧倒的な実績と人気を誇る中森明菜だが、そのデビューは決して華々しいものではなかった。

 確かに、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)としては1億円という破格な宣伝費をかけ、さらにデビュー発表会も東京・練馬区の「としまえん」で行ったものの、現実は「業界の反応は鈍かった」(当時を知る週刊誌記者)。

 実際、「(明菜の所属事務所の)研音も当時はプロダクションとしての認知度は低く、正直言って相手にするところはなかった」という。

 デビュー前にブッキングされたテレビ番組を見ても分かる。何と日本テレビ『スター誕生!』(当時はデビュー前ということで毎週出演していた)、そしてテレビ東京で日曜夜7時から放送していたアイドル番組『ヤンヤン歌うスタジオ』の2本だけだったのだ。

 当時、ワーナーでレコード店を担当していた都内のエリア営業担当者は「テレビの音楽番組が多かった中、明菜の露出が極端に少なかったのは確か。ですから楽曲への認知度も低かったと思います。しかも小泉今日子さんや堀ちえみさん、早見優さん、さらには石川秀美さんら女性アイドルが目立っていた分、どうしても明菜は沈みがちでした。いずれにしても、ワーナーでは初の本格的アイドルということもあったかもしれませんが販促展開も鈍く、レコード店での店頭プロモーションも弱さが目立ちました」と振り返る。

 明菜が「82年組」では6、7番手だったことが分かる。ワーナーで明菜のプロモーションを統括していた寺林晁氏は現場の苦しい状況を把握したうえでデビュー曲の発売に合わせ前代未聞の仕掛けを考えていた。音楽ヒットチャート情報誌「オリジナルコンフィデンス」のランキングページを除く全ページを丸ごと買い取ろうとしたのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ