「スカーレット」放送後、ネットでチェッカーズ「涙のリクエスト」が話題!? SNS「真奈の立場で?」「たけしにかけてる?」「明日は、わらべの…」

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第140話が17日に放送され、ネットでチェッカーズのヒット曲「涙のリクエスト」(1984年)が話題になった。

 女優の戸田恵梨香をヒロインに、滋賀・信楽を舞台に波乱の生涯を送る女性陶芸家、川原喜美子の人生を描く同作。物語は終盤に入っており、この日の放送では、白血病に侵された息子、武志(伊藤健太郎)のため、喜美子(戸田)の家族や友人たちがドナー検査を受けるが、適合者は見つからない…というストーリーが描かれた。一方、病状が進行するなか、武志は、バイト先の喫茶店「ヤングのグ」で勤務時間を減らすよう勧められる。そこに、武志に思いを寄せる友人の石井真奈(松田るか)が姿を見せるが、武志は冷たく対応してしまうのだった。

 武志が「ヤングのグ」で働く場面で、店内BGMとしてこの日の放送で使われていたのが「涙のリクエスト」。かすかな音に多くの視聴者が反応した。

 SNSには「『涙のリクエスト』…なつかし過ぎる…」「涙のリクエストの頃か…」など、当時を懐かしむ視聴者の書き込みのほか、「涙のリクエストでやっと時代を把握!」「スカーレットで涙のリクエストが聞けるとは。もう昭和も60年代に入ろうとしているのね」と、戦後から始まった物語の時の流れについて触れる投稿も寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ