ゆうこりん離婚騒動を反省…同情論高まるか 出産準備も夫の“元鞘”期待できず

 つい先日、第3子の妊娠を発表したばかりのタレントの小倉優子(36)に離婚危機が報じられた。

 「12日に小倉自身がインスタグラムで発表したコメントに、夫婦関係のズレが見てとれましたね」と明かすのはスポーツ紙芸能担当記者。「『夫を支える妻として私の至らない点がありました』と書いています。小倉に求められていたのは歯科医の夫を支えることと小倉自身も認識していた。タレント活動と2人の子育てをしながら夫を支えるのはかなりハード。小倉ができなかったのも無理はないですね」

 夫婦観のズレが離婚危機につながった形だが、報道によって「小倉への同情論」がうまく高まればいいが、と芸能サイト記者は期待する。

 「妊娠を知ったうえで家を出る夫、生まれた子供に会いたくないと言い切る夫、一方で小倉は、元の関係に戻りたいと訴えるだけ。伝えられる夫の言動からは、元の鞘に収まるのは難しい感じがしますね。そうなると小倉にとって最重要なのは自身のタレントとしての存在価値。来週にも産休に入りますが、安心して出産に臨めるよう小倉へのエールと、産後のオファーが増えるといいですね」(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ