「麒麟がくる」“3人目のヒロイン”木村文乃演じる煕子の登場にネット沸く! SNS「これは卑怯」「あまりに可愛くて圧倒的」「駒ちゃん大敗北ですわ」

 光秀が、表には花びらが落ちており、「あれでは小鬼たちが気づいてしまう」と指摘。この部屋に隠れる途中に女性が花びらを落としたようで、器いっぱいの花びらを胸に抱えた女性に光秀が「その花びらをどうなさるのです?」と聞くと、彼女は「私を見つけたら、花吹雪を浴びせてやるのです」と笑顔を見せた。その言葉で光秀は幼少期を思い出し、「私もここで(昔)鬼となり、隠れていたおなごをみつけて、花吹雪を浴び…。そうか、あれはそなたか!煕子どのじゃ!」とビックリ。煕子は「はい!またお会いできてうれしゅうございます!」と満面の笑みを浮かべた。

 久々に会った2人は、懐かしそうに昔の思い出話について語り合い、そこで煕子が光秀から“プロポーズ”を受けたことを告白。動揺した光秀は言葉に詰まるが、煕子は「子供のころの話でございます!」とニッコリ。直後、煕子を見つけた子供たちが廊下の奥から追いかけてくると、煕子は「逃げて見せようぞ!それ!」と言いながら、子供たちに花吹雪を浴びせた。光秀はその様子を懐かしそうに眺めた。

 煕子の印象的な初登場シーンは多くの視聴者の心に刺さったようで、SNSはお祭り騒ぎ。ツイッターには「お花吹雪と子供時代の甘酸っぱい思い出と共に現れた正ヒロインとか眩しすぎ」「煕子様、花びらと共に登場。そして『大きくなったら十兵衛の嫁になれ、と』ですか。まさにヒロイン!これは卑怯」「ついに登場した煕子様があまりに可愛くて圧倒的ヒロインだったなぁ…」「ああこれは完全にメインヒロインですわ。駒ちゃん大敗北ですわ」「それにしても、ヒロイン真打ちの登場シーンがあまりにもヒロイン過ぎて、強そうだなと思いました」といった書き込みが殺到した。駒と結ばれることを願っていたが、煕子の圧倒的なヒロイン感で早くも心変わりしたという視聴者は、「満を持して出たメインヒロインがあんなめちゃかわな演出と共に登場するのズルい…私お駒派だったけど、これは煕子派にならざるを得ない」とつぶやいた。

 一方、それでも先が長い大河ドラマ。前例を出して「ただ最初はあんまり好きじゃなかったのに後半にいくにつれて心の癒しの天使になっていった真田丸の(長澤まさみ演じる)きりちゃんというヒロインもいるので、駒も個人的にどう転ぶかわからない」と強調する視聴者も。また、この日の放送で、光秀のことを語る帰蝶に信長が嫉妬するような表情を見せる描写があったことで、今後、信長と光秀の2人に影響を与える「帰蝶こそがヒロイン」と予想する視聴者もいる。SNSには「正ヒロインは煕子ちゃんだと思いきや、ずっと帰蝶様で話が進む気がする。信長のあからさまな嫉妬も含めて…」と投稿いう投稿も確認できた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ