中居正広、ジャニーズ退社で「新しい地図」に追い風!? 番組起用ではプラスに

 3月末でジャニーズ事務所から退社することを発表した元SMAPの中居正広(47)。中居は自身の会社「のんびりな会」を窓口にして芸能活動の継続を表明する一方、元SMAPのメンバー3人による「新しい地図」への合流は否定。4人のそろい踏みはならなかったが、今回の中居の独立は「新しい地図」にもプラスに働きそうだという。

 「新しい地図」として活動中の元SMAPの稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)は今月1日、AbemaTVのレギュラー番組『7.2新しい別の窓』で中居の会見に言及した。

 「何かよかったですよね。中居くんらしい」と好意的に語った草なぎ。中居から「(退社を知らせるメールの返事が)1行くらいでした」と暴露されたことには、「他の人と一緒にいたからメールをしてる場合じゃなくて…」と“弁明”した。

 稲垣は、中居のメールについて「そちらにも迷惑をかけちゃうかもしれない」と3人を気遣うものだったと明かし、「自分らしく(会見に)臨んでください」と返信したことを報告。

 香取も「僕も返信しました。丁寧に5、6行ですね」と明かした。

 民放テレビ局の情報番組スタッフは語る。

 「一部ではSMAP解散後、結果的にジャニーズに残留した中居さんに対して、“元チーフマネジャー派”の急先鋒である香取さんが不信感を募らせているとも取り沙汰されましたが、そこまで不仲ではない。実際、中居さんは以前から『新しい地図』を番組で起用してくれるように懇意の番組スタッフに頼むなど、水面下で3人の活動をサポートしていましたし、当然そうした動きは3人も聞き及んでいます」

 さらに、中居の独立が3人の今後の活動に及ぼす影響は大きいという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ