東出昌大、17日イベントで不倫騒動発覚後初めて公の場に登場

 俳優、東出昌大(32)が、17日に東京都内で行われるドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs(ヴァーサス)東大全共闘 50年目の真実」(豊島圭介監督、20日公開)の公開直前トークイベントで、不倫騒動発覚後、初めて公の場に登場することが13日、分かった。配給会社からのリリースで発表された。

 東出は1月22日、一部報道で女優、唐田えりか(22)と不倫関係にあり、妻で女優、杏(33)と別居・離婚危機に直面していることが発覚。これまで謝罪のコメントを発表していたが、報道陣の前に姿を現すのは今回が初となる。

 同映画ではナビゲーターを担当。イベントで本人の口から何らかの謝罪がありそうだ。

 12日にはテレビ朝日系主演ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の最終回が放送。平均視聴率は9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 同ドラマは9日深夜にクランクアップ。東出は涙目で「皆さんを裏切ってしまい、本当に申し訳ございませんでした」などとW主演の桐谷健太(40)ら共演者やスタッフに謝罪の言葉を真摯(しんし)に重ねていた。

 東出はドラマが終了し、夫婦の今後について杏と話し合いをスタートさせるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ