宮迫、体を張っても再生回数は…ユーチューブに苦戦 「他の真似はしなくていい」「毎日投稿しなくてもOK」ファンの温かい声

 ユーチューバーは楽じゃない…。お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之が10日、動画共有サービスのユーチューブに動画を投稿。ハイテンションな芸風に似合わない弱音をポロリとこぼし、心配したファンたちが応援のメッセージを送っている。

 宮迫は1月29日、振り込め詐欺グループのパーティーで会社を通さない「闇営業」をしたことについて、ユーチューブの動画で改めて謝罪し、所属していた吉本興業とは契約を解除された状態だと説明した。また、「僕は正直、テレビの人間です」としながらも今後はネットに活躍の場を求め、いつか吉本時代の相方、蛍原徹と一緒に仕事をしたいと語っていた。

 宮迫がユーチューブの公式チャンネルに投稿した動画の数は10日の時点で42。ユーチューブでは毎日動画をアップすることが人気を集めるコツだとされており、その点では“ノルマ”を達成していると言える。チャンネル登録者数も64.5万人と好調だ。

 だが、宮迫は10日に投稿した「復帰して一ヶ月、いまの本音を話します」というタイトルの動画で「多いんですよ、お蔵入りが。もう毎日投稿ですから」とカメラに向かって吐露。駄菓子屋の“当たり付きガム”を食べ続ける動画や下ねたの動画を「おもんなかった」「ユーチューブ的にどうなのかな」などの理由で没にしたと語り、体を張った企画の動画を作っても思ったように再生回数が伸びなかったと悩みを明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ