宝塚歌劇団、再び公演中止へ ネット「演劇界の希望だった」「心の支えになっていた」

 中止となるのは、13~19日の花組宝塚大劇場公演「はいからさんが通る」と、12~19日の雪組東京宝塚劇場公演「ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)」。加えて13日に予定していた宝塚友の会「トークスペシャルin東京 雪組」も中止する。

 公演を再び中止する同劇団に対し、ネットでは「宝塚も結局中止になっちゃったのか」「あわわ、宝塚やっぱり休演か…」「宝塚の自粛残念です、運営も考えなしに再開したわけではないのにな」と状況を飲み込む声が多かった。

 また、先陣を切って公演に踏み切った同劇団に希望を見出すネットユーザーもおり「唯一の望みの宝塚再開だったんだが再中止かー…これはまずいなぁ」「舞台界隈が死亡していく中宝塚パイセンが立ち上がったかと思ったらやはりダメだったのか」「宝塚再開ってすごく心の支えになっていたんだけど…」「演劇界の希望だった宝塚も自粛せざるを得なくなってしまって……」と落胆する書き込みも少なくなかった。

 「宝塚さん、あんなに徹底してたのに」「エンタメ再開してほしいけど、いざ再開してやはりクラスター発生したら…とか考えたりすると、怖いし、難しいよねぇ…」「宝塚にはがんばってほしかったなぁ。こうやれば大丈夫だよっていうモデルケースができれば他の公演も再開しやすくなるし」などと、同劇団に寄り添う投稿も目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ