宝塚歌劇団、再び公演中止へ ネット「演劇界の希望だった」「心の支えになっていた」

 宝塚歌劇団は11日、公式サイトで12日から19日までの公演を中止することを発表した。同劇団は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため2月29日から3月8日までの公演を中止していたが、9日より公演を再開。賛否両論あったが、10日に示された「新型コロナウイルス感染症対策本部」の政府方針を受け、再び中止することを決めた。ネットではさまざまな意見が飛び交っている。

 同劇団は、休演期間を使い、劇場内各所の消毒のほか、サーモグラフィの設置、換気強化、清掃強化など、対策に取り組んできた。観客にも検温や消毒に協力してもらい「感染拡大防止対策をでき得る限り強化した上で」再演に踏み切った。

 多くのイベントが開催中止・延期となったり、中止期間を延長したりするなかで、同劇団に対して「宝塚から再開するのはいいかもしれない」「清く正しい宝塚ファンを信頼しての決断」と賛成する声もあったが、「まだちょっと早いんじゃ」「宝塚が公演再開したの心配しかない」と慎重な見方をする人も少なくなった。

 10日には、安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、イベント自粛期間の延長を要請。10日間程度の延長を求めた。これを受け、同劇団も再び公演を中止することを決定。チケットの払い戻しには応じる。20日からの再開を予定しているが「今後の新型コロナウイルスの感染状況や、政府方針等によっては予定が変更となる場合がございます」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ