堂本光一主演作は中止期間延長、「ラブライブ!」は4月開催のイベント中止…「いつまで続くのだろう」と不安の声

 政府の要請を受け、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントの中止や延期、規模縮小が相次ぐなか、東宝は8日、公演を中止していたKinKi Kidsの堂本光一の主演ミュージカル「Endless SHOCK」について、その期間を15日まで延長すると発表。同様に松竹も直営劇場での公演中止期間を延長することを決めた。こういった報道を受け、ネットでは公演再開時期や4月以降のイベント開催を心配する声があがっている。

 堂本が主演を務める同ミュージカルは、2000年11月に「MILLENNIUM SHOCK」として東京・帝国劇場で初演され、今年で20周年を迎える人気作。先月28日から3月10日までの16公演を中止し、11日の公演から再開を予定していた。

 東宝では、同作以外にも、シアタークリエでの「リトルショップ・オブ・ホラーズ」、日生劇場での「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」を16日から再開する予定だというが、「今後の新型コロナウイルスの感染状況や、政府または新型コロナウイルス感染症対策本部の方針等によっては予定が変更となる場合がございます」としている。

 EXILEや三代目J SOUL BROTHERSなどが所属するLDHも、先月26日に当初、3月11日までの全公演の中止もしくは延期を決めたが、6日に公式サイトで「感染拡大の収束が厳しいとの判断により3/20(金・祝)までの公演を中止もしくは延期とさせていただくこととなりました」と発表。THE RAMPAGEやE-girlsらの公演が対象となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ