R-1無観客開催にネットの声は? 「無観客でもネタは面白い」「やっぱりお客さんの反応大事」

 一方で、やはり客席からの笑い声は必要だという視聴者もいた。「無観客のR1ぐらんぷりを見てるが、やっぱり笑い声は重要」「R1、無観客ってなんかキツイなあ。やっぱりお客さんの反応って大事ね」といった書き込みもちらほら。なかには「R1、無観客…諸先輩方前でのネタ見せのよう。緊張するだろなぁ」と芸人の気持ちを察するような投稿もあった。

 優勝した野田は1回戦、ファイナルステージともに課金ゲームを題材にしたネタを披露。ファイナルステージでは、すゑひろがりずの南條庄助、敗者復活から勝ち進んだ大谷健太を下した。

 野田は2017年のM-1にコンビで出場し、審査員の上沼恵美子に叱られ、惨敗した苦い過去がある。優勝後、審査員の関根勤から「M-1で怒られたから、良かったね!」と当時についてイジられ、友近からは「優勝したかて、ふざけ過ぎですね!」と上沼のモノマネでからかわれた。

 2人からの“祝福”を受け、野田は「やっぱりあの人に感謝の気持ちを伝えたいです。エミちゃん、ありがとう!」と絶叫した。野田はこの優勝で、賞金500万円と同フジテレビ系で放送される自身の冠番組に出演する権利を手にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ