R-1無観客開催にネットの声は? 「無観客でもネタは面白い」「やっぱりお客さんの反応大事」

 ピン芸人ナンバーワン決定戦「R-1ぐらんぷり2020」が8日、東京・台場のフジテレビで行われ、マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝を飾った。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年のR-1は無観客での開催となったが、その内容について、ネットでもさまざまな声があがった。

 無観客ゆえ、客席からの笑い声や声援は一切なく、聞こえてくるのは現場にいたスタッフや関係者、審査員らの笑い声のみ。例年にない静かなR-1となった。

 ツイッターには、無観客でも面白さは変わらないという意見が多く、「R1、無観客感じさせないくらい面白いのもあったなー」「R1無観客でどうなるかと思ったけどめっちゃ面白かったな」「久しぶりにR1グランプリを全部見た。無観客で人がいなくても芸人さんのネタは面白いわ~」といった声が寄せられた。

 また、無観客という状況が逆に良かったというネットユーザーもおり、SNSには「ネタが良かった人が多かっただけでなく、観客の過剰な笑い声がなくて見やすい上に『静かな所で何してんだろ』というシュール面白が乗っかって、今までで一番面白かったかも」「R1無観客だったけど、意味不明にキャーキャーしないし意味不明に黄色い笑いもなくて意外と安心して楽しく見られた」「無観客…楽しかったですが、それ以上に、そんな状況で頑張った芸人さんたちの熱い気持ちが伝わりました」などの投稿が寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ