やすみりえ、川柳作りのコツを片桐千晶アナに伝授「夢は紅白歌合戦の審査員」

 美人川柳作家、やすみりえ(48)が8日、TBSラジオ「今を生きる楽しさ」(日曜前8・30)に生出演し、司会のフリーアナウンサー・片桐千晶(37)と女子トークを楽しんだ。   大学卒業後、本格的に川柳の道へ進み、「恋愛」をテーマに大活躍。子供から大人まで幅広い層に共感を得て、現在は数多くの川柳コンクールの審査員を担当。全国で講演やワークショップを開催し日本語の魅力を伝えている。

 片桐アナから川柳作りのコツを聞かれたやすみは「うまく作ろうと思わないこと。それと、日頃から言葉のストック、引出しを用意することです」と助言。

 最近の趣味については「自宅マンションで、飛んでくるウグイスを一人野鳥の会で観察することです」とにっこり。

 やすみは、昨年6月から生島企画室に所属。同12月には「第52回日本作詞大賞」の審査員にも選ばれ、着実に活動範囲を広げており、「夢は紅白歌合戦の審査員です」と声を弾ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ