「BLEACH20周年プロジェクト&久保帯人新作発表会」を生配信 期待でネット沸く

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)の編集部は6日、公式ツイッターアカウントで21日に行う「BLEACH20周年プロジェクト&久保帯人新作発表会」を生配信することを告知した。「BLEACH」で知られる漫画家、久保帯人氏と同作の新たな動きに期待が高まっている。

 同発表会は21日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催予定だった「AnimeJapan2020」のステージで行う予定だったが、イベント中止を受け「当初予定していたステージと同日同時刻、3月21日(土)9時45分より生配信で実施いたします」とした。生配信は同誌のユーチューブチャンネルなどで行う。

 イベント中止が発表されたときには「じゃあ一体……一体久保帯人先生の新作発表会はどこでやってくれるんだ!」といった声があがっていただけに、生配信決定は「AnimeJapanでやる予定だったBLEACH&久保帯人新作発表ステージは出来ないけど配信してくれるの嬉しい楽しみ」などとファンを喜ばせた。

 発表会の生配信を告知したツイートは、投稿から約5時間でいいねは1万を超え、リツイートも増え続けている。このツイートをきっかけに「久保帯人先生の新作?!」「久保帯人新作マジ?」と期待を寄せるファンも多かった。

 また、名作「BLEACH」の新たな動きに注目する人も多数で、「BLEACH千年血戦篇のアニメ化でしたら、私号泣しながら喜びますね」「アニメ続編やったら激アツ」とアニメ続編を望む声も届いている。

 同作は、主人公・黒崎一護が死神となり、悪霊である「虚(ホロウ)」や強敵と戦うといったストーリー。同誌で2001年から約15年連載され、2004年にテレビ東京系でテレビアニメ化、2018年には、俳優・福士蒼汰の主演で実写映画化された。また、同氏は、セガゲームスから昨年12月に発売されたプレイステーション4用ソフト「新サクラ大戦」のキャラクターデザインを手がけたことでも話題となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ