「あさイチ」に信楽太郎生出演でネット騒然! 「さいなら」フルコーラス熱唱に戸田「紅白狙ってます!」

 6日放送のNHK朝の情報番組「あさイチ」に、歌手“信楽太郎”こと、TKO・木本武宏がスタジオに生出演。NHK連続テレビ小説「スカーレット」の劇中で披露された「さいなら」をフルコーラスで歌い上げ、ネットのファンを喜ばせた。

 女優の戸田恵梨香をヒロインに、滋賀・信楽を舞台に波乱の生涯を送る女性陶芸家、川原喜美子の人生を描く「スカーレット」。信楽太郎とは、喜美子が大阪で女中として働いていたころに知り合った人物で、もともとは田中雄太郎として俳優を志していた。しかし、まったく売れず、喜美子が大阪を離れる際に、流れを変えるキッカケとして「信楽太郎」に改名することを提案。その後、雄太郎は、歌手・信楽太郎として「さいなら」をリリースし、これが大ヒットとなった。

 この日の「あさイチ」は、戸田をゲストに迎えた「プレミアトーク」を放送。戸田はドラマの制作秘話や裏話などを紹介し、番組を盛り上げた。

 そのなかで戸田が印象的なシーンとして選んだ1つが、信楽太郎の登場場面だった。戸田によると、台本には「さいなら」の歌詞が書かれていたそうで、戸田は、リハでは楽曲を一切聞かず、「本番で初めて聞いた」と告白。「曲調があんなふうになっていたとは知らず、ビックリしたんですけど…」と当時を振り返ると、スタジオに「ホンマ?」という男性の声。さらに「さいなら」のイントロが流れ始め、“サプライズゲスト”として白いジャケットを着た木本がスタジオに登場した。「嘘でしょ!?」と爆笑する戸田らの前に木本は「さいなら」を熱唱。フルコーラスで歌い上げた。

 まさかの“生・信楽太郎”にSNSも騒然。ツイッターのトレンドに「信楽太郎」が入ったほか、ヤフーのリアルタイム検索でも一時トップに立つなど、大盛り上がりとなった。

 ネットには「信楽太郎に泣かされた」「おはようございます。お日様眩しいです。あさイチ信楽太郎で大笑いしました。免疫力アップしたかな?ウィルスに、負けないように今日も過ごしたいですね」「スカーレットの劇中で聴いた信楽太郎の『さいなら』は泣けて泣けたのに、あさイチで聴いたら、笑えて笑えて」などのコメントが殺到した。

 一方の木本もドラマの裏話を披露。本編では使用されなかったが、実は「さいなら」のミュージックビデオ(MV)を制作していたことを告白した。当初は喜美子の回想シーンでMVを流す予定だったが、これが全カットになったのだという。

 しかし、この日の「あさイチ」が、そのMVを初公開。信楽太郎がブランコに乗って歌うという内容に木本も思わず「恥ずかしい…」と苦笑いしたが、戸田は真顔で「紅白歌合戦を狙っています!よろしくお願いします」とカメラ目線でアピール。この発言を多くのネットユーザーが支持し、ツイッターには「年末、紅白歌合戦で信楽太郎のさいなら。横でブランコを押す戸田恵梨香さん、見たい聴きたい」「紅白、信楽太郎with川原喜美子featuring荒木荘で見たいです、NHKさんどうかよろしくお願いします」といったコメントがズラリと並んだ。

 また、楽曲の音源化を希望するネットユーザーも少なくなく、SNSには「信楽太郎の『さいなら』配信希望」という書き込みも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ