木村拓哉主演「BG」続編決定で春ドラ激戦 「半沢直樹」「SUITS」「ハケンの品格」…ネット「4月ドラマ熱い」

 俳優・木村拓哉の主演で2018年に放送された連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)が2年ぶりに復活し、その続編が4月16日にスタートすることが5日、サンケイスポーツなどによって報じられた。前シリーズでは木村がボディーガード役に初挑戦し、平均視聴率15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした話題作。新キャストも発表され、ネットが大にぎわいになっている。

 今回、木村演じる主人公・島崎章は、所属する民間警備会社「日ノ出警備保障」が利益優先のIT系企業に買収されたことを機に独立。組織とのせめぎ合いやクライアントとの人間ドラマで魅せる。

 この一報に多くのファンが歓喜。SNSには「BG待ってました」「おかえりなさい!島崎章さま、木村拓哉さま」「おかえりなさい。また島崎さんと会えるのが嬉しいです!設定も変わって、どんなストーリーになるか楽しみです」「あれから二年たったんだ~待ち遠しい」などの書き込みが殺到している。

 前作で共演した俳優の斎藤工、間宮祥太朗、女優の菜々緒に加え、今シリーズから新レギュラーも加入。契約担当医として女優の市川実日子、前作で上川隆也が演じた章の上司の後任役に勝村政信、そして「日ノ出警備保障」を買収した大企業社長役に仲村トオルという名前が並ぶ。

 強力なこの布陣もネットで話題だ。木村×仲村という組み合わせは、「眠れる森」(フジテレビ系、1998年)や「華麗なる一族」(TBS系、07年)がある。どちらも敵対関係にあり、「眠れる森」では、仲村は犯人役だった。ツイッターは「おぉぉ!!!仲村トオルさん!!!眠れる森!!!!!」「仲村トオルさんは嬉しい。どっちのキャラ?(陽or陰)眠れる森思い出しますね」「仲村トオルさんは眠れる森と華麗なる一族で。どっちも敵役でBGも」などと大盛り上がり。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ