稲垣吾郎が「ジラ垣吾郎」から「ジラ垣ジロウ」に“進化”!? 博多大吉のコメントにネット「ふきだした」「もはや誰!?」

 5日放送の情報番組「あさイチ」(NHK総合)のオープニングで、進行を担当する博多華丸・大吉が3日に続き、NHK連続テレビ小説「スカーレット」についてコメント。医師・大崎茂義役で出演している稲垣吾郎について、大吉が「ジラ垣ジロウ」と述べ、ネットのファンを喜ばせた。

 「あさイチ」では、直前に放送されている「スカーレット」の内容を受け、博多華丸・大吉の2人が番組の冒頭でその感想を話すことがある。女優の戸田恵梨香をヒロインに、滋賀・信楽を舞台に波乱の生涯を送る女性陶芸家、川原喜美子の人生を描く「スカーレット」だが、この日の発言は5日放送の第130話を視聴しての感想だ。

 「スカーレット」には4日放送分から、稲垣扮する大崎が登場しており、ドラマ初登場のシーンは一瞬だったが、朝ドラに31年ぶりに出演した稲垣の姿にネットは盛り上がった。

5日の放送では、体調不良が続く息子の武志(伊藤健太郎)が喜美子に「大きな病院で検査を受ける必要がある」と告白。エンディングに、またもや院内を歩く大崎の姿が一瞬だけ映り、番組は終了となった。

 「あさイチ」の冒頭で、この日のドラマについて振り返った博多華丸・大吉。華丸が「稲垣さんはなかなか出てこない!」と切り込み、「焦らすねぇ。もう、ジラ垣ジロウ!」と笑顔を見せると、大吉も目を見開いて「ジラ垣ジロウ!」とコメント。華丸はさらに「ここまで来たら、ジラ垣ジロウ!」とダメ押しし、スタジオを爆笑させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ