「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表 「1位だれ」「ピカチュウさん意外過ぎる」と世代差も

 トップ10は1位のゲッコウガに始まり、2位・ルカリオ(10万2259票)、3位・ミミッキュ(9万9077票)、4位・リザードン(9万3968票)、5位・ブラッキー(6万7062票)、6位・ニンフィア(6万6029票)、7位・ガブリアス(6万1877票)、8位・レックウザ(6万939票)、9位・サーナイト(6万596票)、10位・ゲンガー(6万214票)という結果に。

 1位のゲッコウガは、16年に開催された「ポケモン総選挙720」に続き、連覇を達成。13年に発売された「ポケットモンスター X・Y」から登場したポケモンだ。

 SNSでは「1位はゲッコウガやったんやね。スマブラにも参戦してるしやっぱり人気なんやなあ」「ゲーム勢からしたらレート戦の人気者の方が高いのは当然だよな」と納得する投稿が多く見られた。その一方で、「意外な結果すぎる。1位だれ」「ゲッコウガよく知らんけど人気なのか」「ゲッコウガ時代のポケモン知らんわ」と世代により馴染みのない人も多いようだ。

 また、ポケモンのアイコン的存在のピカチュウは19位で、得票数は4万8060票。この順位に対し「ピカチュウさん意外過ぎる」「ピカ様が低くてショック」「ピカチュウ10位内にランクインせずか」とピカチュウファンは悲鳴をあげた。

 推しのポケモンの順位に一喜一憂するファンも多く「私の好きなポケモンはそれぞれの地方でトップ10内に入った~!!!!やったぜ~!!」「大好きなカビゴンは・・・ランキング外!」「コイルは?」「カメックスが入ってないだと?解せぬ」と結果を受けた投稿がズラリと並んだ。

 同企画の投票期間は2月5~14日の10日間。総得票数は660万8215票で、対象となった890種全てのポケモンに票が投じられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ