大河「麒麟がくる」新出演者にユースケ・サンタマリアさんら6人

 NHKは19日、長谷川博己さん(42)が主人公の明智光秀役を演じる大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の新たな出演者を発表した。起用が明らかとなったユースケ・サンタマリアさん(48)、間宮祥太朗さん(26)、本郷奏多(かなた)さん(29)、安藤政信さん(44)が東京・渋谷の放送センターで開かれた取材会に登場した。4人はいずれも大河ドラマ初出演。

 「麒麟がくる」は脚本家、池端俊策さん(74)によるオリジナル作品。織田信長に仕え、後に本能寺の変を起こす明智光秀の謎めいた前半生に光を当てて描く。5月中旬からは主な舞台が美濃から越前に移るといい、ユースケさんは越前の戦国大名・朝倉義景を演じる。間宮さんは光秀のいとこで、明智光安の息子の明智秀満、本郷さんは関白の近衛前久(さきひさ)、安藤さんは戦国武将・柴田勝家を演じる。

 撮影の感想を問われると、ユースケさんは「訳もわからぬまま臨んだところ、義景のつかみどころがない感じが表れていたと好評だった」と笑顔。間宮さんは「所作や言葉遣いが難しい」と漏らしながらも、光秀と行動をともにし、のちに本能寺の変を引き起こす秀満さながら「長谷川さんに精いっぱいついていければ」と意気込みを語った。

 本郷さんは「そうそうたるメンバーの中にお邪魔させていただいてうれしい」と笑顔を見せ、安藤さんも「長谷川さんの作品にかける思いに泥を塗らないよう演じたい」と抱負を述べた。

 そのほか、真野響子さん(68)は源応尼、ベンガル(68)さんは芳仁を演じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ