「麒麟がくる」第5話、吉田鋼太郎演じる松永久秀の独壇場にネット歓喜! 「カッコよすぎませんかね」 眞島秀和との絡みに期待?「もうこれおっさんずラブじゃ…」

 ネットでは、やはり吉田の演技から「おっさんずラブ」を連想するユーザーも多く、「松永久秀、遊郭まで行ったのに遊んで帰らないなんてやはりお前はおっさん専門か」「わたしの中で吉田鋼太郎はおっさんずラブの部長なんだよなあ…松永久秀がお茶目に見えて仕方がない…いつかはるたん出てくるんじゃ…」などの声も。

 さらに、「麒麟がくる」には将軍奉公衆の細川藤孝(幽斎)役で俳優の眞島秀和が出演しおり、眞島は「おっさんずラブ」の第1作目で吉田と共演していたことから、このキャスティングに「OL民」(おっさんずラブのファンの意)が大喜び。SNSには「大河ドラマ麒麟がくるに吉田鋼太郎が松永久秀役で、眞島秀和が細川藤孝役で出てるので…武蔵と武川主任じゃん!もうこれ実質おっさんずラブじゃないの。松永久秀と細川幽斎なので絶対絡みあるでしょ」「武蔵(松永久秀)がいて政宗(細川藤孝)がいて…室町幕府ってひょっとして(おっさんずラブの舞台となった)天空不動産?」などのコメントも並んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ