槇原敬之容疑者、2年前自宅から薬物と吸引パイプ見つかっていた…2度目使用に余波広がる

 シンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されて一夜明けた14日、余波はさらなる広がりをみせた。日本テレビ系「ヒルナンデス!」はテーマ曲を“封印”し、ラジオ番組は打ち切りが決定。同容疑者のSNSは閲覧できなくなった。また、警視庁が2018年に当時の自宅を家宅捜索した際、薬物とともに吸引用とみられるガラス製パイプが見つかっていたことも判明。同容疑者はこの日朝、送検された。

 午前8時47分。槇原容疑者を乗せた車が東京湾岸署から東京地検に向けて出発。報道陣約40人が集まり無数のフラッシュがたかれたが、後部座席はカーテンが閉められ表情はうかがえなかった。

 逮捕から一夜明けたこの日は、薬物との関係の“深さ”を裏付ける新たな事実が判明。

 警視庁は2018年春に槇原容疑者の当時の自宅マンションを家宅捜索し、覚醒剤0・083グラムと「ラッシュ」と呼ばれる液状の危険ドラッグ64・2ミリリットルを押収。その際に、吸引用とみられるガラス製パイプも押収していた。同パイプは覚醒剤をあぶって吸引する器具として使われることが多く、尿検査などで使用についても調べる方針だ。

 発見時、槇原容疑者は不在で、同居していた所属事務所元社長でパートナーでもあった男性(43)は押収された薬物について「槇原容疑者のものだと思う」と話をしていたという。男性はこのマンションで覚醒剤を所持したなどとして18年春に起訴され、有罪判決を受けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ