光秀、鉄砲と将軍家の関係を探るべく、再び京へ NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第5話の見どころ

 俳優の長谷川博己を主演に、戦国武将、明智光秀を新たな視点で描くNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~など)のあらすじを紹介。従来とはまったく異なる新しい解釈で戦国時代の英雄たちを描き、大河ドラマとしては初めて光秀を主役とし、美濃(岐阜県南部)から羽ばたいていく光秀の謎めいた前半生に光を当てていく。

 第4話で、光秀(長谷川)は、尾張(愛知県西部)の戦国武将、織田信秀(高橋克典)が住む古渡城に潜入。信秀の病状が深刻であるという情報を入手し、それを主君である斎藤道三(本木雅弘)に報告した。

 翌日、光秀が道三のもとを訪れると、そこで、室町幕府が京の本能寺を通じて種子島で鉄砲を作らせているという話を聞く。光秀は「あんな難しいものを作っているのは一体誰なのか?」などと考えをめぐらした。

 16日に放送される第5話のサブタイトルは、「伊平次を探せ」。

道三の命を受け、光秀は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。

 腕利きの鉄砲鍛冶、伊平次という男を探しにやってきた光秀は、本能寺で、同幕府13代将軍、足利義輝(向井理)の護衛でやってきた奉公衆、三淵藤英(谷原章介)と再会する。藤英は光秀の盟友、細川藤孝の異母兄で、幕臣として、将軍の足利義輝、義昭に仕えていた。藤英によると、将軍家も伊平次を探しているのだが、忽然と姿を消したのだという。

 藤英に連れられ、光秀は、戦国武将、三好長慶の家臣、松永久秀(吉田鋼太郎)のもとへ向かう。光秀は、かつて鉄砲について知る旅に出た際、堺で知り合った久秀から鉄砲を授かっていた。光秀はそんな松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ