“東出騒動”収まらぬ中、白昼堂々とキス… 鈴木杏樹の不倫報道に驚きの声

 鈴木杏樹(50)が新派俳優の喜多村緑郎(51)との不倫をスクープされた。

「週刊文春」によると、二人は昨年10月に舞台で共演し、今年に入り不倫に発展。先月30日には千葉市内の海浜公園でピクニックデートし、ハグやキスを繰り返し、その後、ラブホテルに入っていったという。

 「東出昌大さんと唐田エリカさんの騒動が収まらない中、このタイミングで白昼堂々と公園でキスをしていたことには驚きでしたね」(スポーツ紙記者)

 鈴木というと、98年、自身の腸閉塞の手術を担当した医師と電撃結婚、13年に死別。一方、元歌舞伎俳優で舞台演出なども手掛けている喜多村は、13年に元宝塚トップスターの貴城けい(45)と結婚している。 

 鈴木は反省しながらも「今年に入ってお相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」とコメント。

 「不倫する男性のこんな常套句にいまどき引っかかる人がいるのかと思いますが、鈴木さんは、恋愛経験が少なく、情熱的で押しに弱い。一方、喜多村さんはまさに絵に描いたようなサプライズをしたり情熱的な愛情表現をする人ですから、すっかり信じて盛り上がってしまったのでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

 それでも奥さんを傷つけた不倫の罪は重い。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ