晴れて自由の身…川崎麻世に「離婚アドバイザー転身」のススメ!? 芸能関係者「文化人的なスタンスで話せば…」

 妻でタレントのカイヤ(57)との離婚を裁判所に認められた俳優の川崎麻世(56)。晴れて自由の身というわけだが、果たしてこの離婚が川崎にとって吉と出るか、凶と出るか。

 東京家裁の石橋俊一裁判長は「カイヤが男性と交際しているとの報道があった2015年8月ごろには関係が破綻しており、修復は困難だ」と指摘。カイヤが主張した家庭内暴力にも「仮に暴力があったとしても、カイヤさんによる暴行も同程度あったとうかがわれ、川崎さんだけに責任があるとは言えない」との判断を示した。

 言ってみれば、どっちもどっちという判決ではあるが、川崎は念願かなって離婚できるというわけだ。しかしこれは川崎にとってプラスなのか。

 芸能文化評論家の肥留間正明氏は「彼の個人的な人生においてはゴタゴタがなくなるわけですからプラスでしょう。しかし芸能人としてはもしかしたらデメリットかもしれない」と指摘する。

 「これまで彼はカイヤとのけんか、恐妻家というスタンスで話題を作ってきた。いってみれば、昔のビートたけしに似ています。芸能ニュースは“冠婚葬祭”と“喜怒哀楽”で成り立っている。離婚によって、幸せになってしまうと、彼の話題が芸能ニュースから消え、世間から忘れられてしまうかもしれない」というのだ。

 しかし、肥留間氏は、川崎にとって起死回生の方法を提案する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ