沢尻被告の判決公判、倍率48・1倍 傍聴席求め915人が列

 合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の判決公判が6日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された。

 東京地裁で行われた沢尻被告の判決公判には、一般傍聴席19席を求めて915人が並んだ。倍率は48・1倍だった。東京地裁は人が多くなることを見越し、先月31日の初公判のときと同じく配布場所をいつもの地裁敷地内ではなく、近くの日比谷公園に移して、午前9時30分~11時までリストバンド型の傍聴整理券を配布。傍聴席を求める人々が長蛇の列を作った。同被告の初公判は2229人が並び、倍率は117・3倍。今回は半分以下の倍率となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ