沢尻エリカ被告、判決後に直筆コメントで謝罪「全力で更生に向けて努力」

 合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の判決公判が6日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された。滝岡俊文裁判官は「発覚しなければ良いという安直な動機に基づく犯行」などと指摘。同被告は判決後、直筆のコメントで「全力で更生に向けて努力することが唯一の償い」と謝罪した。

 先月31日の初公判同様、黒のパンツスーツに首元のボタンまでしめた白のブラウス姿の沢尻被告。当時は深紅の口紅が鮮やかだったが、今回は薄化粧で入廷した。

 この日も薬物治療などを受ける東京都内の病院から出廷。滝岡裁判官に「証言台の前へ」と促されると、落ち着いた表情の沢尻被告は小声で「ハイ」と返答。「主文、被告人を懲役1年6月に処する。3年間、その刑の執行を猶予する」などと言い渡されると小さくうなずき、黒髪のポニーテールが前後に揺れた。

 初公判では多忙だった19歳頃から薬物を使用していたことが判明。沢尻被告は女優復帰を「考えていない」と明言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ