朝ドラ「スカーレット」の影響で「昭和53年」がトレンド入り? SNS「ピンクレディー全盛期」「ヤクルト日本一」

 5日放送のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(第105回)の影響で、ツイッターで「昭和53年」がトレンド入りする事態が発生。ネットで同年が大きな話題になった。この日の放送から物語の時代設定が同年に移ったことが大きな要因で、多くのネットユーザーがそれぞれの「昭和53年」を振り返った。

 SNSには同年に起きた出来事がズラリ。「サザン『勝手にシンドバッド』でデビュー」「東映版スパイダーマンやってた」「そういえばピンクレディーが全盛期で一緒に踊ったりしたなぁ」「昭和53年1月19日『ザ・ベストテン』放送開始」「昭和53年といえばガンダーラである」「昭和53年といえば、あの『シンデレラ・ハネムーン』がこの世に出た年。この年、歌っている岩崎宏美は二十歳になる年。この曲が出た頃は誕生日前なので、まだ19歳」など、同時を懐かしむ投稿が並んだ。

 また、この日が「プロ野球の日」(現在の日本野球機構の前身にあたる全日本職業野球連盟が設立された日)であることから、ツイッターでは「プロ野球の日」もトレンド入りし、ネットは、野球と絡めた「昭和53年ネタ」も盛り上がった。

 ツイッターには「横浜スタジアムが完成した年ですね」というつぶやきもあったが、目立ったのは、プロ野球・ヤクルトファンの書き込み。同年、ヤクルトが初めて日本一になったことから、SNSには、「昭和53年というと我がスワローズが初優勝した記念すべき年ではないかw」「スワローズ初優勝も昭和53年です」「昭和53年がトレンド入りしてる。なぜかは知らんが、燕軍ファンにとっては忘れることの出来ない年、廣岡監督の下セ・リーグ初優勝に日本シリーズ制覇の年だね。その後ノムさんが監督になる平成まで低迷するけど」などのコメントが見受けれられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ