たけし、志らくの着物姿をバッサリ!「落語家が着物を着て出ているうちはダメ」

【芸能ニュース舞台裏】

 あのビートたけし(73)が審査委員長を務めるコンテスト「ビートたけし杯 お笑い日本一」が開催され、優勝者なしの結果に終わった。

 「だからでしょうか、スポーツ紙の扱いは小さかったですね」とウェブサイト記者。「ただ現場では、たけし節が炸裂(さくれつ)していましたよ」

 会見終盤、最前列に陣取ったテレビ番組ディレクターが、落語家の立川志らく(56)が司会を務めるTBS系「グッとラック!」について質問を投げかけた。

 「背中に番組名の入ったスタッフジャンパーを着ていました。番組について『どうですか』と聞くと、『おもしろくないね』とバッサリ。理由として『落語家が着物を着て出ているうちはダメ』と言ったんです。深い洞察です。確かに桂文枝、立川志の輔、笑福亭鶴瓶といった人気者は普通の衣装で出ている。志らくの師匠の立川談志も私服だった。志らくも顔が売れているんですから、着物に頼らなくてもいい」(前出・ウェブサイト記者)

 脱着物、まずはそこからか。(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ