NHK前田会長就任会見(4・完)「NHKが生きる道は『よい番組』しかない」

 --最高裁判決などもあり受信料の支払い率は上がっている。一方で肥大化という指摘をどう受け止めるか

 「あまねく皆さんに支払ってもらうということなので、受信料の支払い率が上がらないということは、むしろ不公平ということになる。番組が公共放送らしくないとなれば受信料に跳ね返って、支払ってもらえないなどの状況になると思う」

 --費用上限など定める時期ではないか

 「上限とかではなく、コストをかけて作った番組が、それだけの価値があるかどうかというものだと思う。コスト意識なく仕事をするということはありえない。コストをかける限りは、よい番組を作ってほしい。NHKが生きる道はそれしかないと思う」

 --かんぽ問題について、経営委による放送現場への介入ではないかという意見が出ていたが、会長はどう判断するか

 「経営委が判断したことに、会長が何か言うことは適切ではないと考えている。上田(良一)会長は重く受け止められたと聞いている」

 --放送の自主自律を損なうものではないかとの指摘もある

 「報道スタンスに問題があったとは聞いていないし、私も問題があったとは思わない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ