NHK前田会長就任会見(4・完)「NHKが生きる道は『よい番組』しかない」

 新しくNHKの会長に就任した、みずほフィナンシャルグループ(FG)元会長の前田晃伸(てるのぶ)氏(75)が27日、東京都渋谷区のNHK放送センターで就任記者会見に臨んだ。質疑応答では、NHKの看板ラジオ番組「ラジオ深夜便」をはじめ、EテレやBSプレミアムで好評を博している教養番組などの具体名もあがり、前田会長がどういった番組に関心を持っているか、その一端がうかがえた。

 --今後の方向性について、公共放送から公共メディアになるということで、インターネットの活用も始まる。国民に提供するサービスを拡大していくのか、それとも業務の見直しをしてスリム化を図るのか、現状ではどちらになりそうか

 「これは非常に難しい。媒体としてのテレビが今後どうなるか、インターネットがどうなるかということもある。通信手段が変わることによって、昔に比べ圧倒的に選択肢が増えた。むしろ使う人が決めることだと思う。私たちは公共メディアとしての基本スタンスを変えずに、ニーズに対応していくことになると思う。昔はラジオしかなかった。技術進歩は激しいが、公共放送として(進歩に)どうついていくか、そのスタンスは変えてはいけないと思う」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ