NHK大河「麒麟がくる」“ご祝儀”視聴率で好スタート 沢尻騒動が思わぬケガの功名!?

 19日からスタートしたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回(拡大版)の平均視聴率が19・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字をたたき出し、ワーストを更新した前作「いだてん」から大幅回復を果たした。大河の初回19%超えは、19・9%だった2016年「真田丸」以来4年ぶり。

◇ 

 「いだてん」は後半、ドラマとしての評価は高まったが、視聴率はまったく振るわなかった。全話平均は8・2%と大河史上初の1桁を記録。12年「平清盛」と15年「花燃ゆ」の12・0%を3・8ポイントも下回り、大河ドラマ歴代ワーストを更新した。

 「麒麟がくる」の主人公は、日本の歴史上最大のミステリーである「本能寺の変」の主役でもあり、歴史ファンからも人気の高い明智光秀で長谷川博己(42)が演じている。

 それだけに視聴率が注目されていただけに、今回の数字は“及第点”といえるだろう。

 「大河は前作、そして前々作の『西郷どん』と近現代ものが2作続き、人気コンテンツである“戦国時代”としては、17年の『おんな城主 直虎』以来とあって期待感が高かったのです」とテレビ誌編集者はその要因を説明する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ