「おま国」って? ネトフリがジブリ作品を日米加を除く国々で配信へ

 米映像配信サービス大手のNetflix(ネットフリックス)は20日、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などのスタジオジブリの21作品を、日本と米国とカナダをのぞいた約190カ国で配信すると発表した。日本の契約者らが嘆くなか、耳慣れないゲーム用語をつぶやくネットユーザーもいるようだ。

 Netflixは2月1日から「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」など7作品の配信を開始。3月1日から「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」などの7作品、4月1日からは「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」などの7作品を順次追加していく。

 ツイッターでは「やたーーーーと思ったら日本は配信されないんかーい」と残念がる投稿が並ぶなかで、「ネトフリまでおま国し始めた」「Netflixでジブリやったぜ!!と思ったらおま国だったorz」「日米カナダを除くて。こんなとこでまでおま国されんのかよ」などと、「おま国(くに)」という言葉が踊った。

 「おま国」とは「お前の国には売ってやらない」などの略で、パソコンゲームをダウンロード販売するプラットフォーム「Steam(スチーム)」の利用者が使い出したとされるネットスラング。さまざまな事情から、他の国々ではダウンロード販売されているゲームを日本国内では購入できないことがあったときに、利用者が企業の販売方針を皮肉って「おま国された」と批判するという。

 Netflixとジブリの件はゲームとは関係ないが、同じ企業のサービスを利用しながら国によって“格差”が生じることが共通していたために、多くの人から「おま国」が飛び出したようだ。

 また、ジブリアニメのような集客力のあるコンテンツは日本国内でも見放題になる可能性があるとして、Disney DELUXE(ディズニーデラックス)やHulu(フールー)などで配信されるのではないかと予想するネットユーザーもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ