MADE解散、秋山退所に嘆くファン 「舞台見たかった」「SMGOの精神は」

 ジャニーズJr.の4人組、MADE(メイド)は15日、今月31日に解散することをファンクラブ会員サイトで発表した。女優の神田沙也加(33)との交際が報じられたメンバーの秋山大河(28)は今月31日にジャニーズ事務所を退所する。ファンからは悲しみと戸惑いの声があがっている。

 MADEは2008年に結成。秋山は退所後、コレオグラファー(振付師)を目指す。稲葉光(29)、冨岡健翔(27)、福士申樹(28)は今後も同事務所に所属し、ソロとして活動する。4人が出演予定だった、4月9日から東京と大阪で行われる舞台「イケメンヴァンパイア 偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE~Episode.1~」では秋山が降板し、ジャニーズの4人組、ふぉ~ゆ~の松崎祐介(33)が代役を務める。

 ツイッターでは、MADE解散と秋山の退所を悲しむ書き込みが並ぶ一方で、「今回をもって辞めてしまうのはとっても悲しいですが本人が決めた事なので受け止めたいと思います!12年間本当にお疲れ様でした!」と新たな門出を祝い、理解を示すファンもいた。

 しかし、公演が近づいていた舞台に影響を与えたことについては「事務所だけの舞台じゃないんだし多方面に迷惑かけるのもあかん」「舞台の仕事は最後まできっちりやりきって欲しかった」などと厳しい意見が散見された。昨年亡くなった同事務所創業者のジャニー喜多川さんが大事にしていたという「ショー・マスト・ゴー・オン(困難があろうともショーを続けなければならない)」の精神を引用して、予定されていた仕事が終わってから退所する流れでもよかったのではと憤る書き込みもあった。

 また、昨年の舞台「Endless SHOCK」でも、怪我で降板した、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴(33)の代役を松崎が務めていたことに触れて「万能すぎる松崎祐介すきです」「最早ジャニーズの代打職人・松崎祐介(2年連続2回目)」と松崎を応援する声も多かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ