衛藤美彩、西武・源田との初めての正月は箱根駅伝の弟を応援

 元乃木坂46の衛藤美彩(27)が7日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAでフォトブック「Decision」(角川春樹事務所、税抜き1600円)の発売記念イベントを行った。

 乃木坂時代の同僚、白石麻衣(27)が卒業を発表したことに「卒業を考えていることは知っていたんですけど、今朝発表というのは知らなかった」と驚き、「1期生が少なくなっていくのは寂しい感じはありますけど、今後の人生を切り開いていく決断をしたことはうれしく思うし、応援したい。みんなそれぞれ別の道に行っても頑張っていこうという気持ちです」とエール。白石を「外に出てみると乃木坂が大きな場所だと感じるので大きな決断をしたと思う」と思いやった。

 また、昨年10月にはプロ野球・西武の源田壮亮(26)と結婚。夫婦で初めて迎えた正月は、源田や両親らと箱根駅伝で7区を走った弟の木付琳(国学院大、2年)の応援に駆けつけたといい、「みんなで固まって応援しました。去年はけがで苦しんでいたので見届けられてうれしかった」とはにかんだ。

 アスリートの妻となったが、「まだ大変さを感じる所までいっていない。同郷で同い年ということもあって大きな変化はないです」と言いつつも幸せいっぱい。源田にフォトブックをまだ見ていないといい、「店頭で自分で買うと言っていたので、買うんじゃないでしょうか。感想を言ってほしいです」と笑った。

 昨年は3月に乃木坂を卒業し、10月に結婚と激動の1年だったが、「自分にとって忘れられないターニングポイント。周りの方への感謝の気持ちが湧き出てくるような年だった」と述懐。今年の目標を聞かれると、「いろいろ蓄えて勉強していく年にしたい。ご主人は(リーグ3)連覇? そうですね。そうあってほしいと思います」と笑顔を見せていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ