田中雅美が第2子男児出産、今春に仕事復帰予定

 2000年シドニー五輪の競泳銅メダリストでスポーツコメンテーター、田中雅美(41)が7日、第2子を出産したことが分かった。

 関係者の話によると、この日午前4時、東京都内の病院で長男を出産。予定日より3日ほど早かったが、母子ともに健康という。5日は自身の41歳の誕生日だっただけに、五輪イヤーの幕開けは喜び二重奏となった。

 17年に再婚した通信関連企業を経営する元高飛び込み選手の夫(39)との間に長女(2)がいる田中。テレビ朝日系「グッド!モーニング」(月~金曜前4・55)など産休中のテレビレギュラーや講演などは、体調と相談しながら今春には復帰する予定だ。

 東京五輪の内定第1号となった競泳の瀬戸大也(25)とは家族ぐるみの付き合い。他にも代表入りしそうな多くの水泳選手たちと男女を問わず交流があり、仕事復帰後は五輪メダリストの先輩として、水泳を含め日本代表を熱く盛り上げる。

 田中は7日にも、何らかの形で出産報告をするものとみられる。

 田中雅美(たなか・まさみ)1979(昭和54)年1月5日生まれ、41歳。北海道・遠軽町出身。中大法学部卒。96年アトランタ、2000年シドニー、04年アテネと3大会連続で五輪出場。シドニー五輪女子400メートル混継に第2泳者(平泳ぎ)で出場し、銅メダルを獲得した。05年の現役引退後は女優としても活躍中。164センチ。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ