ロンドンで直撃!渋谷すばる、ジャニーズ退社後初のインタビュー

 関ジャニ∞の元メンバーでミュージシャン、渋谷すばる(38)が2018年末にジャニーズ事務所を退社後、初のインタビューに応じた。欧米、アジアの世界各国を旅して音楽作りに没頭するすばるをサンケイスポーツがロンドンで直撃。28日に開幕する初のソロライブツアーを前に「たくさん刺激を受けています。世界中で見て感じたことを素直に表現していきたい」と新年の誓いを掲げた。3月17日に行う地元・大阪での追加公演も発表し、ファンとの再会に胸を躍らせている。

 世界各国で見て感じたものを自身の音に昇華していく。ロンドンの街にたたずむミュージシャンは、音楽職人のような風格を漂わせていた。

 「以前は海外に行くことがなかなかできなかった。それこそ音楽以外のこともやっている限られた時間の中で音楽をやらざるを得なかったので、環境が変わって旅に出て、これからこういう生活になっていくのかなというような気持ちです」

 ソロへの転向から2年目。世界各国で音楽の知識を養ったすばるが、滞在先のロンドンで“満を持して”初めて思いを口にした。

 現地では楽器街で有名なデンマーク・ストリートを訪れ、1953年のアンプを使ってエレキギターを“試し弾き”。「すごい音だ」と感激のあまり爆笑すれば、希少なアコースティックギターを手に「これだけ楽器に触れるのは珍しいかも。刺激的すぎます」と子供のようにはしゃいだ。本場のスタジオも視察し、「みんな温かい。ロンドンはいろんな人種の方がいるので、分け隔てなく平等の精神。音楽仲間的な感じがいい」と感謝した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ