森下千里が芸能界引退、事務所と契約解約「もう十分に幸せだった」

 グラビアアイドルなどとして活躍したタレント、森下千里(38)が31日、自身のブログで所属事務所との契約を解約すると発表。所属事務所によると、同日付で芸能界を引退する。

 森下は直筆の手紙を撮影した画像を掲載し、「これまでの仕事から離れることをご報告させていただきます」と報告。2001年からレースクイーンなどを始め、代名詞の“女豹のポーズ”などで魅了。一方でフジテレビ系「志村けんのバカ殿様」などバラエティーにも出演してきた。引退理由については「もう十分に幸せだったと思う気持ちが、この決断へと導いてくれました」などとつづっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ