布袋寅泰のライブに松井&高橋が参加 ファン感激「ほぼBOOWY」「氷室は脳内補完する」

 ギタリストの布袋寅泰(57)のライブにベーシストの松井常松(59)とドラマーの高橋まこと(65)が参加することが26日、分かった。1980年代に活躍した伝説的なロックバンド「BOOWY(ボウイ)」のメンバー3人の共演に、ネットも盛り上がっている。

 布袋の公式サイトによると、28日に神戸ワールド記念ホールでツアー最終日を迎える「HOTEI GUITARHYTHM VI TOUR 2019 “REPRISE” supported by ひかりTV」に松井と高橋が参加。この3人がステージで共演するのは、88年に東京ドームで行われたBOOWYのライブ「LAST GIGS」以来31年ぶりだという。

 松井と高橋は、布袋が5月にリリースしたアルバム「GUITARHYTHM VI」の収録曲「Thanks a Lot」のレコーディングに参加した。今度はファンの前で待望の共演が実現することになる。

 ツイッターでは感激したファンらが「もう最高です!」「ほぼ実質BOOWY!」と投稿。「『氷室京介さん』がいたら、完璧なのに…」「ヒムロックは脳内補完する」などと、BOOWYでボーカルを担当した氷室京介(59)の不在を残念がるコメントもあった。氷室はBOOWY解散後、ソロ活動を続けたが、2014年にある音域だけ聞こえない聴覚障害「トーンデフ」を理由にライブ活動の無期限休止を宣言。16年5月23日の公演を最後にライブ活動をしていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ