ピエール瀧、東京地裁に免許停止の取り消し認められず

 麻薬取締法違反罪で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が確定したテクノユニット、電気グルーヴで俳優、ピエール瀧(52)が、コカイン使用を理由に運転免許停止とした東京都の処分を取り消すよう求めた訴訟の判決で東京地裁は25日、請求を棄却した。

 瀧側は「薬物依存症ではないと主治医が証言している」と訴えたが、古田孝夫裁判長は「再び違法薬物を使う危険性が低いとはいえない」と指摘。交通に危険を生じさせる恐れがあるとした警視庁の判断に誤りはなく、運転免許停止処分は適法だと結論付けた。

 瀧は6月にコカインを摂取したとして懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。確定後の8月に警視庁は180日間の運転免許停止処分を下した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ